So-net無料ブログ作成

アトピーっ子にはアルファーリノレイン酸系の質のよい油をぜひ使ってね [調味料]

 食用油と聞いて、頭に浮かぶ油って、たぶん「大豆油」じゃないかと思います。でも我が家では、アトピーに悩まされてから、大豆を使用した食用油を調理に使わなくなりました。

 なぜなら、油って、幼児期のアトピーっ子には負荷も大きい食材なので、アトピーで大変なときは、体に負荷の少ない、質のいい油を選ぶのが一番いいと思うからです。

  044.jpg


 ですので、制限が厳密であった頃は、アトピーっ子と相性がよいとされるシソ油(えごま油)をごく少量だけ使っていましたし、少し良くなってからも、国産の菜種油や、オリーブオイルのような、大豆以外が原料の油を、ずっと使用してきました。(下のおすすめ商品の油のページも参考にして下さいね。)

 アトピーっ子には、酸化しにくい油や、α-リノレン酸を多く含む油を使うのが良いとされるので、大豆油よりも、これらの油の方が、アトピーっ子の体に合うからと言うのが、一番大きな理由ですが、安全性に不安を感じる輸入大豆から作る油を、わざわざ選んで使いたくないと言う気持ちも強いです。

 その意味でも、手に入りやすくて、普段の料理に使いやすい油として、質の良いオリーブ油や菜種油、米油などがおすすめ[るんるん]です。

 もちろん、アレルギー改善効果が期待出来るとして、積極的に摂るとよいと言われる しそ油(えごま油)や亜麻仁(アマニ)油もおすすめの油なのですが、どちらも加熱に向かないとされる油です。

 アレルギーの改善のために、大人がドレッシングなどに利用するのはよいと思うのですが、普段の加熱調理には、下のような油がおすすめですね。 

 また、体への影響力が大きい油ですから、良質の商品を買い、開封したら、酸化させないよう冷蔵庫で保管して、早目に使い切ってくださいね。


[黒ハート] 油の使い方について、さらにこちらに載せています。
 http://sweetbaby.blog.so-net.ne.jp/2009-05-22-3


加熱できるα-リノレイン酸系の油として、私はよくオリーブオイルを使っています。パン作りでも、クッキーでもバターの代わりに加えて使います。香りがなじめない方は、米油などもいいのではないかしら。インカインチオイルは、少し加熱に耐えられ、使いやすいです。おなじα-リノレイン酸系の油でも、左二つのしそ油やアマニ油は加熱できないため、そのままサラダやパンにつけて利用します。アマゾンだと、一品から送料無料で購入できますよ。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0